出産・育児

【口コミ】1歳までの赤ちゃんにおすすめの絵本7選

今回は

私が実際に読み聞かせて子どもが笑ったもの、保育士時代に人気だった本、また現保育士の方がおすすめした絵本を紹介します。

なな
なな
絵本を読み聞かせる時間って良いですよね。子どもの反応を楽しみつつ、自分はどう読もうかと考える。脳も活性化されるし、子どもは集中力が見につくし、スキンシップはとれて良いことづくめです。

布絵本はおすすめ

まずは新生児期すぎてから色々なものを口に入れる時期におすすめの絵本です。

布絵本のメリットは

  • 本の内容がわからない時期もカシャカシャする音を楽しめる
  • 口にいれても安心

ということです。

なな
なな
これは出産祝いでもらいましたが、とても重宝しています。音がビニール袋の音と似ていて子どもも大好きなようで、毎日遊んでいます。

しましまぐるぐる

赤ちゃんは「顔」をよく見るといわれていますよね。この本には各ページに顔が書いてあり、赤ちゃんが好む原色がたくさん使われています。

これを読んであげるのが日課になり、生後半年を過ぎてから特に楽しんでいました。

ぱかっ

これは現在保育士をしている方からの人気ナンバーワンでした。
「ぱかっ」となにかが飛び出しますが、この響きが楽しいのか大笑い。

何度も繰り返し読んでと頼まれる絵本です。

なな
なな
ちなみにこの絵本は3歳の長男もいまだに大好きでよく読んでと頼まれます。年齢の幅も広く親しまれる絵本っていいですよね。

もこ もこもこ

響きがおもしろいようで、私が保育士時代によく子どもたちが笑ってくれた絵本でした。

「もこ」など擬音しか書いてないのですが、その繰り返しの響きとストーリーにひきこまれる子は多いようです。

なな
なな
独特な絵と色づかいが子どもを引き込むのかもしれません。

たまごのえほん

これは手先が使えるようになった赤ちゃんにおすすめ。
たまごから色々な動物がうまれてきますが、自分でひらいて楽しめるので指先をつかいながら楽しめる絵本です。

だるまさんシリーズ

言わずと知れた不動の人気シリーズ。児童館等で絵本の取り合いになる場面もよく見かけるほどです。

繰り返し、「読んで!」と頼まれて、どの子どもにも人気だな・・・と感じます。

これも赤ちゃんから幼児期まで長く読めるので、プレゼントにもおすすめです。

「だるまさんが」「だるまさんの」「だるまさんと」の3冊セットがおすすめです。

くだもの

とても人気の絵本です。図書館の方にこれはおすすめと言われ、とても気に入り購入しました。

とにかく絵がきれい!写真かと思うほどリアルで、くだものへの興味をつくることができます。

なな
なな
くだものを切ったあとの状態も書いてあるので、それぞれ切ったらどんな色?など子どもと知るきっかけになりました♪

絵本のやくわり

かたい見出しですが、絵本には主にこんな効果があると実感しています。

  • でてくるものに対して親近感がわく
  • 想像力がふくらむ
  • 親子のスキンシップができる

保育士時代に、例えば「クリスマスの工作」をするとき、必ず「クリスマスにまつわる絵本」を読んでいました。

なな
なな
お話の世界に引き込んでから、工作をすると想像力が膨らみとても素敵な工作が完成していました。

おうちでなにか困ったことがあった時、子どもに大切なことを教えたいときも
ただ親から話すだけよりも、絵本を使うとより伝わりやすいです。

日常の育児にも活用できる本もたくさんあるので、子どもと絵本のある生活を楽しみましょう♪

ABOUT ME
なな
元保育士。 現在、幼稚園教諭と保育士資格を持っています。 ただいま3歳、0歳の!怪獣!男の子の育児真っ最中。 日々思ったことや、便利だったこと お得な情報を更新していきます。