出産・育児

【体験談】育児・家事にやる気が出ない時の対処法

こんにちは。ななです。

子どもはかわいい。毎日充実。
でも、終わらない家事育児。疲れませんか?

このページを見てくれているということは、ちょっと疲れた・・・やる気なし・・・そんな気持ちになっているはずです。

なな
なな
子育てをしている全ての方、心から尊敬します。朝がくると、また1日が始まったか・・・とちょっとナイーブになる時もあります。

疲れたママ
疲れたママ
家事育児にやる気がでない。でも家事育児は毎日終わらないしどうしたらいいの?

こんな悩みを抱える方、必見です!

やる気がでないは体からのSOSサイン!

まず、「やる気がでない」と思ったらそれは自分が疲れている証拠です。

なな
なな
こういう時って色々できない自分に腹がたったり、無理して動いてイライラして周りに八つ当たりしていませんか?

やる気がでないと感じている時点で、普段頑張っている自分を認めて褒めましょう。そして、そのサインがでたらすることはただ一つ!

「手抜き」をしましょう!

「家事」の手抜き

料理はしなくても大丈夫!

「料理は手料理を!」「必ず3品くらい作らなきゃ」「野菜嫌いの子どものために工夫しなくちゃ」

これ、全然頑張る必要がありません。

今は便利なものがたくさんあります。

  • 生協やおうちコープで出来合いのものやミールキットを利用
  • スーパーなどでも焼くだけの魚など、ほぼ調理済みのものを購入する
  • 冷凍食品に頼ったってOK!

洗濯物を「干す」のはやめよう

なな
なな
これがなくなれば時間にも余裕ができるし、急な雨でも心配しなくて良い!

  1. 乾燥機能付きの洗濯機
  2. 乾燥機

どちらかを導入しましょう。

  • 干すのは乾燥機に入れられないものだけ!時短になる
  • 雨の日でもコインランドリーに行かなくて良い
  • 天候を気にせず洗濯できる
  • なによりとっても楽
  • 電気代もそんなに変わらない

なな
なな
浴室乾燥は結局干す作業がいるし、電気代もかなり高いのでおすすめしません。

掃除も気になるところだけにしよう

例えば赤ちゃんがハイハイしたり、ちょこっと気になるところだけ掃除機をかける。

毎日きれいにする必要はありません。

子どもが室内事故を起こさない、安全に過ごせる環境さえできればあとは手抜きでOKです!

「育児」の手抜き

お風呂は無理に毎日入らなくても平気

夏場は厳しいかもしれませんが、特に冬は汗もかきません。
今日は疲れた!と思ったら1日くらい入らなくても大丈夫です。

なな
なな
無理しすぎて疲れてしまうほうが大変です・・・!

部屋の片づけは1日1回のみ!

子どもがいると部屋は散らかり放題ですよね。その都度片付けていたら疲れます。
もちろんきれいな方が良いですが、片付けない子どもに声をかけるだけでスタミナが消耗します。

子育てを数年してつくづく思ったのは、「子どもが起きている間は永遠に片付かない」です。

むしろ疲れていたらそんなに何度も片付けなくてOKです。

疲れたらDVD などに頼ってもOK

DVDは1日1時間まで!など自分でルールを決めてしまうと、親子ともに辛くなります。
その時その時の状況や自分の体調に合わせて臨機応変に利用しましょう。

子どもを膝に座らせて、一緒に同じDVD を見るだけでも親子のスキンシップの時間がとれますよ。

「~しなければならない」という考えは捨てよう!

頑張るママ
頑張るママ
インスタを見ると他のママは毎日手作りの離乳食をあげてる・・・。それにひきかえ私は・・・

はっきり言います。このような考え方はやめましょう!

なな
なな
つい他の人と自分を比べて落ち込んでしまいますよね。でも、比較する時間があるなら、好きなことをして休むべきです。

経験して思うのは、

  1. 育児・家事はこうしなきゃ!と自分の中のルールがある
  2. それができないと焦り・イライラ・疲れがたまる
  3. 他と比較して落ち込む
  4. だんだんやる気がなくなる

要は、自分のこだわり・ルールに苦しめられているんですよね。

なな
なな
おもちゃは絶対片付けなくちゃという考えは捨て、「別におもちゃが今日くらい散らかっていても明日どうせまた遊ぶしな。まあいっか」という考え方ができたら随分楽になりました

以前。あるテレビでアメリカの家族の何気ない朝の様子が映し出されていましたが、
ママは幼稚園に行く娘に「お弁当よ~」と言って缶詰からだしたボイル済みの人参とパンをタッパーにいれて、それをダイレクトにリュックにイン!していました。

文化の違いもありますが、お弁当一つにしても
「キャラ弁作らなきゃ」「茶色い色ばかりにしない」「冷凍食品は使わない!」などというプライドは捨てた方が良いです。

ママの笑顔はみんなの笑顔

子どもはママの笑顔が大好きです。

保育士をしていた頃に常に感じていたことは、「みんなママが大好き」ということでした。いくら子どもに好かれても、ママには絶対勝てません。

なな
なな
いつも元気な園児が、急に不安定になった時がありましたが、その時はママの身内の方が入院された時でした。ママの気持ちが伝染するんですよね。

ママが笑っているのが1番大事!自分が笑顔になるためなら徹底的に楽をしたり手を抜きましょう!!

ABOUT ME
なな
元保育士。 現在、幼稚園教諭と保育士資格を持っています。 ただいま3歳、0歳の!怪獣!男の子の育児真っ最中。 日々思ったことや、便利だったこと お得な情報を更新していきます。